2019/03/18改訂

アラビア書道が日経MJ紙に紹介されました

 

最近のトレンドやヒット商品などを主に扱う日経MJ紙が外国語書道という企画でアラビア書道、モンゴル文字書道、ハングル書道を取り上げてくれました。外国語文字の書道が静かなブームになっているという内容になっています。

新しいクルアーンの和訳が出版されました

 

アラブイスラーム学院学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事などを勤められている水谷周(みずたに・まこと)氏が国書刊行会から新たにクルアーンの翻訳本を上梓されました。

イスラム教の聖典クルアーンのアラビア語からの和訳は井筒俊彦氏を始め、すでに数冊の翻訳本が出版されていますが、今回のポイントは副題にもあるように”やさしい和訳”で、できるだけ優しい日本語を使って読みやすくされている点です。

大手書店やアマゾンでも入手可能。税込み2916円です。